未分類

プロバイダーが独自にプライシングしているモバイルルーターの1ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して…。

「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」全部を選択肢に入れて、それらの良い点と悪い点を熟知した上で、利用状況毎にモバイルルーターをランキング一覧でご紹介します。

「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つの項目で比較検証してみたところ、誰が選択しても文句の出ないモバイルWiFiルーターは、驚くことに1機種のみというのが正直なところです。

「ポケットWiFi」というネーミングはソフトバンクの商標ではあるのですが、ほとんどのケースで「3Gや4G回線を介してモバイル通信をする」場合に不可欠なポケットにも入るくらいのWiFiルーター全部のことを指すと考えていいでしょう。

プロバイダーが独自にプライシングしているモバイルルーターの1ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンを比較して、ランキング順に掲載してみました。どれが良いか迷っている人は、是非ともご覧になっていただきたいです。

WiMAXモバイルルーターというのは、WiMAXのモバイル通信網を使用して、パソコンとかタブレットなどのWiFi機能が備わっている端末をインターネットに繋げる為の、ポケットサイズの通信機器になります。

ワイモバイルと言いますのは、ドコモなどのように自社にてWiFi用回線網を所有し、その回線を駆使したサービスを展開しているMNO(移動体通信事業者)で、SIMカードだけのセールスも実施しているのです。

今日現在市場投入されている様々なモバイルルーターの中で、冷静な判断の元推奨できるのはどのルーターになるのかを、そこまで通信関連には興味がないという方にもご理解いただけるように、ランキング形式でご案内させていただきます。

この先WiMAXを購入するというときは、どう考えてもWiMAX2+のギガ放題にした方がいいでしょう。通信速度が速いのは当然の事、WiMAXの通信サービス可能エリア内でも使えることになっていますから、接続不能ということがほとんどないですね。

WiMAXの回線が来ているのかどうかは、UQコミュニケーションズがネットに公開している「サービスエリアマップ」を見れば判断できると思います。怪しい時に関しましては、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断可能だと思います。

モバイルルーターに関して調査してみますと、いろんなサイトで目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーによりけりですが、40000円に迫るほどの高額なキャッシュバックを用意しているところも見受けられます。

docomoやY!モバイルに設定のある速度制限が掛かることになりますと、下り速度が128kbpsにされてしまいますが、この速度だと、少々画像や文字数の多いサイトのトップページを開くのみでも、25秒前後は必要になるはずです。

WiMAXは、コスト的にも他のモバイルルーターと比較して割安な費用でモバイル通信が可能なのです。回線利用可能エリア内においては、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi端末をネットに接続させられます。

スマホで使うLTE回線と形式的に異なるという部分は、スマホは本体そのものが直で電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターで電波を受信するという点ではないでしょうか?

「WiMAXないしはWiMAX2+を買いたいと思っている」と言う方に気を付けていただきたいのは、きちんとプロバイダーを比較するということをしませんと、少なく見積もっても20000円ほどは出費がかさみますよということです。

過去の通信規格と比較すると、驚くほど通信速度がアップしていて、大きいデータをあっという間に送受信できるというのがLTEの優秀な所ではないでしょうか?今の時代にピッタリの通信規格だと言ってもいいと思います。

WiMAXの解説サイト:WiMAXの速度比較

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *